So-net無料ブログ作成

直観を使うポイント その4 [波動の法則]

今年1月から直観をテーマにした交流会を月1ペースで開催しています。勉強会というより、参加者同士の交流、体験の分かち合いがメインの会ですが、その中で毎回30分程度、直観のワンポイント解説をしています。その内容をメモ書きとして記事に残しておくことにしました。第4回のメモです。

4月4日、第4回のテーマ:メッセージに従って行動する

直観と思われるメッセージを受け取ったとして、最後はそのメッセージの通りに行動するだけ。

まず「行動する」ということをもう少し詳しく考えてみると、次のような一連のプロセスからなると思う。

1)まず行動する
メッセージを受け取ったら、あまり考えずに素直な気持ちでそれに従って動いてみる、実践してみる。

2)行動の結果、体験から学ぶ
行動を通じていろいろな体験ができる。快/不快、成功/失敗、いろいろ感じると思うが、その結果にこだわってはいけない。それよりも、なぜこういう結果になったと思うか、自然の仕組み・波動の法則に照らして考えてみるとよい。そして反省すべき点があると思ったらまた次に活かす。

3)周囲に還元する
行動から何かを学んだ、気付いたと思ったら、それを自分の周囲の人たちに還元していくことが大切。自分ひとりが納得するだけでは不十分。常にサポートしあうのが自然の仕組みということである。

次に「行動すること」に抵抗しようとするエゴの働きについて。

メッセージを受け取っても、いろいろ理由をつけて行動しようとしないということはよくある。
・面倒だから後にしよう。
・受け取ったメッセージの内容が自分の期待してるものと違うので無視してしまう、あるいは自分の都合のいいように解釈してしまう。
・実行に移すのは難しそうだと躊躇してしまう。
・ゴール、最終到達点が見えないので止めよう、あるいはそれらが明確になってから実行しよう
こういう思いが湧いてきたとき、それは顕在意識の働き、エゴのブレーキなのでそれに捕われずに勇気を持って実行してみることが大切である。



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。