So-net無料ブログ作成

合唱の集いに参加 [音楽アラカルト]

7月12日、とても暑い日曜日の午後、故佐々木先生宅での合唱の会に初めて参加させていただきました。このブログの記事にコメントを寄せてくださった大草原のヤスさんが声をかけてくださったのです。

佐々木先生の本を偶然本屋で見つけて購入したのは約20年前です。奥付にはご自宅の住所が書かれていました。その本の内容に大いに心を引かれ、もし私が音楽の道を専門に志す立場であったらすぐにでも自宅へ伺っていたことでしょう。

分離唱による合唱の世界、響きの世界とはどんなものなのだろうかとワクワクしながらも、その世界に自分がつながるまではかなりの時間を待たなくてはなりませんでした。やがてネットワーク時代になり、インターネットが普及してネットを通じて分離唱の情報も得られるようになり、やっとレッスンを受けたりして私自身も分離唱の世界を体験することができました。

そんな分離唱初心者の私が先生のご自宅に伺い、合唱の輪に参加させていただく機会が訪れるとは夢にも思わなかったことです。

当日参加の皆様は山梨大学のOBの方であったり合唱経験の長い方が大半のようでした。レッスンではないので唄い込んだ曲の数々を次々心行くまで楽しむ、そんな感じでした。大きいグランドピアノを囲んで十数名の人達が集まる、それだけでも「そこに音楽がある喜び」そんなものを感じました。

私の方はというと、ほとんど全て初めて見る譜面ばかりでついてゆくのがやっとでしたが、分離唱の響きの世界、全体の中に自分の声を溶け込ませるその感覚だけは味わうことができました。

帰りは途中まで大草原のヤスさんとご一緒させていただき、分離唱談義。「分離唱の合唱の世界に入るためにはエゴがあってはダメ」正確な言葉ではありませんが、そのような意味の話を伺いました。

このブログで最近は直観に関する記事を書くことが多くなりましたが、そこでもエゴに振り回されないことの重要性に触れています。分離唱もある段階までは直観力を高める良い訓練になる気がします。結局、行き着くところは意識の問題なのでしょう。

個人的には視唱の能力アップなど自分自身の日々の音楽ライフに対しても目標ができたというか、いろいろ刺激を受けました。別に視唱能力と分離唱の感覚とは何の関係もないのですけど。

今後も都合のつくときには参加させていただこうと思っています。

コメント(1)  トラックバック(0) 

コメント 1

すすき

まいなさん、
合唱への参加ありがとうございました。私も山田耕筰大好き、日本の情緒豊かな曲大好き、そして讃美歌も大好きです。また是非一緒にハモりましょう。
by すすき (2015-07-16 23:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。