So-net無料ブログ作成
その他の話題 ブログトップ

お久しぶりです [その他の話題]

しばらく記事を投稿していませんでした。仕事環境が変化したので、そちらに慣れるまでは少し投稿はお休みしようという気持ちがあったことが一つの理由です。さらに、このブログを始めたきっかけは「音のレッスン」の記録を残しておきたかったということなのですが、そちらの方が一段落したらあまり記事を書く気持ちが湧かなくなってしまったことも理由です。

→ 続きを読む


ホ・オポノポノな体験:職場の人間関係(続き) [その他の話題]

私の家の周辺には狭いエリアではありますが、田んぼのある里山のような区域が残されています。夜になるとカエルさんがゲロゲロ鳴いていて、空を見上げると満月。思わず「月がとっても青いから~」と口ずさんでいます。昭和歌謡という点からは菅原都々子バージョンがオリジナルですが、私が好きなのはおおたか静流バージョンです。

さて、今宵は今勤めている職場での送別会&新人歓迎の飲み会でした。飲食関係の職場ですから、このような飲み会の開始時間はいつも22時過ぎになります。冒頭に書いたのはその帰り道のことです。

飲み会の席は楽しかったです。この記事も帰宅後のとても心地よい、ほろ酔い加減のなかで書いています。誤字脱字がありましたらご容赦ください。

初めは店長のそばに座ったので、店長からは新人を育てることへの思い、若い人たちへ会社の社風とか企業文化をどう伝えるのか、私から質問したことですがいろいろな話を聞かせていただきました。別の席では先輩から後輩へいろいろと厳しくも愛情を込めて、適度に酔っ払いながら、語っています。若い学生さんのバイト(私にとっては同僚)とは、学生生活とか恋の話とかを聞かせてもらいます。

こういう席はいいですね。この記事の前段では同じ職場のある側面について書かせていただきました。どこの職場にもある話だと思いますが、少しシリアスな内容だったかもしれません。

それも現実ですが、同時に、同じ職場・時空間の中に別の側面も存在しているということです。このような「ごった煮」状態が今の地球という時空間の特徴であり、面白いところだと思います。そのような学びの場から何を学び卒業していくか、それは本人次第なのでしょう。

さて、今宵、風呂に入って、もう一杯だけ飲んで寝ようかと思います。

ホ・オポノポノな体験:職場の人間関係 [その他の話題]

「周囲の人間は自分の鏡」と言われることがありますが、この意味を現在の私の職場での体験から考えてみました。

現在、私は昼間は自宅でソフトウェア関係の仕事を行い、それと別に週に何日か飲食店でホール関係のバイトをしています。職場での体験というのは後者のバイト先での話です。私は長い間ソフトウェア関係の仕事に従事してきました。今は自宅で細々と行っていますが、それだけでは収入も不安定なこともあり、何かバイトをと始めたのが今の仕事です。

以前別の記事でも書いたことですが、どんなバイトをしようかと考えていたとき、なぜか自分で苦手意識のあるものに敢えて挑戦してみたくなり、ホールでの接客の仕事に決めました。スピリチュアルな学びからくる発想だと思いますが、潜在的な苦手意識はある意味自分のカルマ、逃げずにクリアしておくべき課題、そういう感覚があったのです。

→ 続きを読む


セミナー参加記録 [その他の話題]

はじめに

昨日、都内で行われた「波動の法則」(カテゴリー「書棚の中の一冊」で紹介しています)関係のセミナーに参加させていただきました。内容は「何かテーマを決めて、直観に基づいてFALFをデザインしてみよう」というものです。

FALFとは「波動の法則」の中で使われている用語で、「蘇生化装置」「自然の仕組みに適って調和のとれた環境を生む出す役割を担ったもの」というような意味合いです。

私はデザイナーでもないし、絵心もないので、私には関係のないテーマかなという気もしたのですが、直観として「参加してみたい」と思ったので申し込んだのでした。

→ 続きを読む


タグ:直観

ふと湧き起こった「人生は面白い」という感覚 [その他の話題]

先週の金曜日のことでした。仕事が早く片付いたので、上司と一杯やりに行きました。年に2、3回行かない近所の焼き鳥屋があるのですが、そこでしか飲めない日本酒もあったりして、お酒自体は楽しめました。

ところが、上司との会話がひょんな方向に行ってしまって、「来週から接客も手伝ってもらうから」という話になってしまったのです。それがこの記事を書くことの発端です。

「接客」、実は私が苦手に感じていることなのです。私は若い頃からソフトウェア関係の仕事、パソコン相手にじっくりと一つの製品を仕上げるような仕事をしていて、自分でもその仕事が好きでした。

その頃も一人で顧客先を訪問して、製品のフォロー、サポートのようなこともしており、特に対人恐怖症というわけではありません。ただ、自分から積極的に相手にアプローチする、まあ「営業」というのでしょうか、そういうことは人にも言われるし、自分でも向いてないなと昔から思っていたのです。

→ 続きを読む


日常の中のホ・オポノポノな体験 [その他の話題]

今日の午前中、銀行で通帳の残高記入を行ってきました。記入内容を見てびっくり、クレジットカードでの支払の引き落とし額が10万円を超えていたのです。

ちょっとした事件です.このことに私がどのように対処したのか、自分なりのホ・オポノポノ体験としてご紹介します.

→ 続きを読む


知人との会話より (2012/02/04) [その他の話題]

先週の土曜日、新宿で知人と会いました。知人といっても昭和21年生まれで私よりはずっと年上、人生の先輩でもあります。仮にAさんとしておきます。

用件は仕事に関することだったのですが、そちらの話は短く済まして、その後2時間ほど人生談義というか、いろいろと話をさせていただきました。

Aさんのお仕事は鉄道関係の土木技術のエンジニアです。また、スピリチュアルという面では、40年近く、ある精神修養団体の会員として人生の学びを続けてこられた方です。

その人生談義の中から、印象に残った話をご紹介させていただきます。特に()がない部分はAさんの発言としてお読みください。

→ 続きを読む


体を通しての学び:壁を越えた瞬間の思い出 [その他の話題]

これから書くことは、最後に何か締めの一言を書けるわけではありません。今後探求してみたいテーマの材料としてメモしておこうというだけです。

体を通して何かを体得する、学ぶというプロセスには、何か頭を使って理解していくのとは違うものがあると思うのです。

知的行為での「インスピレーション」「一瞬のひらめき」に相当するものでしょうか。「知らぬ間に壁を越える」「一瞬で次元が変わる」、あるいは「元から違う次元に立っている」という不思議な感覚で、その体験を忘れることができません。

わずかですが、これまでの人生の中でのそんなプチ体験を挙げてみます。

→ 続きを読む


タグ:身体知
その他の話題 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。